最近同じ場所を舐めてばかりいませんか?【ペットの皮膚病・舐性皮膚炎】

ワンちゃんネコちゃんも人間と同じようにストレスを感じることがあります。
そしてワンちゃんネコちゃんは言葉を出して伝えることはできませんので、よく行動で示しますね。

家の中を駆けまわったり、飼い主に咬みついたり、逆にすごく大人しくなったり・・・

そのストレスに対する行動で皮膚炎になることもあります。

今回は舐性皮膚炎について書いていこうと思います。

目次

舐性皮膚炎

ワンちゃん、ネコちゃんが何らかの事情により
皮膚の同じ個所を何度も繰り返し舐めてできる皮膚炎です。
特に口が届きやすい前足に症状が出やすいため肢端舐性皮膚炎と呼ばれることもあります。
前足の上側、足の甲、太もも、肘、ネコちゃんはさらにしっぽといった部分が対象になります。

原因

ストレス

犬の場合・・・散歩に連れて行かない、もしくは不十分・外に繋いだまま・コミュニケーション不足・留守や一人にさせることが多い・同居している他の犬、もしくはペットと不仲etc

猫の場合・・・運動量が少ない、運動できない環境・留守、一人にさせることが多い・同居している他の猫、もしくはペットと不仲etc

皮膚

アレルギー反応や虫に刺された際の刺激、皮膚の状態が良くないときに舐め続ける

脳に何らかの疾患があり、併発で同じ行動を繰り返ししている状態。

基礎疾患

身体に何らかの病気が起こり、それで生じてしまった皮膚に対する違和感を取るために舐め続ける状態。

症状

・何度も同じところを舐める

・皮膚が炎症

・脱毛

さらに症状が進むと

・皮膚がめくれる

・骨が露出する

治療方法

もし基礎疾患から併発している場合は基礎疾患を優先に治療していきます。

また、傷ができている場合そこから細菌が入り化膿しないよう、抗生剤を使うこともあります。

ですが、第一に考えていただきたのはワンちゃん、ネコちゃんのストレス状態です。

ワンちゃんネコちゃんはストレスを感じているか見ただけではなかなかわかりません。

日常からストレスをなるべく与えないようにすることが必要になります。

炭酸泉は人間だけでなく、動物に対してもストレス改善に役立ちます。

よほどの汚れが無い限り、炭酸泉を使えば汚れは取ることはできます。

室内飼いでしたら2週間に一度
室外飼いでしたら1週間に一度の目安で使用してみましょう。

実際に動物病院やペットサロンで使用されていることもあり、安全性は非常に高いです。

ストレスの改善は、ほかの病気の予防にもなります。
安全なもので負担をかけずにワンちゃんネコちゃんに幸せになってほしいですね。

炭酸泉に興味がある方、はこちらの記事も併せてご確認ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次