炭酸泉を知ろう

目次

炭酸泉とは?

「炭酸泉」とは、炭酸ガス(二酸化炭素)がお湯1㍑に0.25g(250ppm)以上溶け込んだお湯のこといい、その中でも1000ppm以上のものを高濃度炭酸泉といいます。

濃度が高いほど高品質で効果も出やすく、また炭酸泉の効果は様々な分野で使われ私たちに良い影響を与えてくれるのです。

 

人工炭酸泉と天然炭酸泉の違い

温泉が多く湧き出る日本ですが天然の炭酸泉は少なく、原因としては火山活動が活発な日本はお湯の温度が高いためといわれています。

温度が高ければ高いほど炭酸は抜けやすいため天然の炭酸泉が湧きにくく、また日本人は熱めのお湯の温度を好むためあまりなじみがなく、発掘が進んでいないというところも原因にあるかもしれません。

ですが、日本でも天然で湧き出ている炭酸泉があります。

大分県にある長湯温泉は大変質の良い炭酸泉と知られ数々の人から療養泉として利用されています。

そしてヨーロッパ、特にドイツは有名な温泉保有地でバーデンバーデンも炭酸泉が湧き出ています。

そして古来から「心臓の湯」と呼ばれるほど炭酸泉はたくさんの人々に伝統的医療として親しまれています。

医学的にも明確な作用が証明されており、日本国内の国立大学病院を含む医療機関では糖尿病などのメディカルケアに使用されているほどです。

今は機械を使って炭酸を注入した炭酸泉を作ることのできる人工炭酸泉が発達し、スーパー銭湯などで楽しむこともできます。

炭酸が出る入浴剤はドラッグストアなどでもよく売られていますので体験済みの方も多いかと思います。

こうした中、炭酸泉が自然に湧きにくい日本でも、人工炭酸泉の誕生で病院をはじめとする医療機関だけでなく、介護施設や温浴施設、エステティックサロン、美容室やペットサロン、動物病院などでも炭酸泉が導入され、病気治療に留まらず美容や健康維持を目的として幅広く利用されています。

特に介護施設、医療機関では、炭酸泉を使用することによりただ血行促進を促す目的だけでなく運動療法として使用する場合もあります。

血行を促進させるのは炭酸で皮膚や血管に『刺激』を与え続けることになりますので、筋肉の血流も増えます。

容易に運動ができない方にとって炭酸泉は有酸素運動の代わりにもなります。

また施設だけでなく、プロスポーツマンも愛用するほど炭酸泉の人気は広がりつつあります。

 

炭酸ガス(二酸化炭素)の安全性

二酸化炭素は元々、空気中や飲料水、身体の中にも取り入れることができるものですので人体に害はありません。

吸収された二酸化炭素は血液中から肺や腎臓などに送られ、安全に排出されます。

また人工炭酸泉に利用している二酸化炭素は、可燃や爆発など危険性が少ないガスを使用しています。

本来、大気中に放出され地球環境に影響をおよぼす炭酸ガスを再利用することで、環境にも優しいケア機器といえます。

 

炭酸泉の働きと仕組み

血行促進

炭酸泉に入浴すると二酸化炭素の微粒子が皮膚にくっつき、血管の中に吸収されます。

これにより血管内の二酸化炭素量が増えると、脳が血液中の酸素が不足していると勘違いを起こし、酸素を取り込む働きと二酸化炭素を押し出す働きによって血行が通常の約3~5倍に促進されます。

太い血管だけでなく、毛細血管も拡張されますので血圧が下がる効能も期待できるのです。

この作用は血液中の老廃物を流し、血管の隅々まで血液を送ることができるため、身体に酸素や栄養を滞りなく行きわたされることができます。

実際に壊死しかけている肌細胞を回復させるなど効果は明確であり、肌細胞が活性し肌トラブルの回復、予防も期待できます。

炭酸泉は通常のさら湯に比べ、お湯の温度が+2℃ほど温かく感じることができるため、温度設定を低めに設定することで心臓の負担が少なくなり、高齢者の方にも安心して利用できます。

保温効果も高く、湯冷めがしにくいことから、女性に多い冷え性の改善にも役立ちます。

弱酸性

人の肌はpH4.5~6の弱酸性でできています。

炭酸泉は肌に近いpH5~5.5の弱酸性とされており、肌ととても相性が良いものです。

日々の洗顔や化粧品などによりアルカリ性に傾いた肌は荒れやすく、肌トラブルの原因になりますが、炭酸泉はそのような肌を弱酸性に近づける効果があります。

肌が弱酸性の状態だと、常在菌の数が安定し、他の雑菌の侵入や増殖を防ぎ肌の健康が守られるバリア機能が働きます。

また、このバリア機能は肌内部の水分を閉じ込め、潤いを維持することができます。

弱酸性の炭酸泉はお湯の感触も柔らかく、赤ちゃんから高齢者の方まで幅広く利用することができます。

炭酸泉に興味がある方、はこちらの記事も併せてご確認ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次