スポーツ選手と人工炭酸泉の関係

スポーツ

スポーツ選手は常に緊張した試合でストレスが高いことが多く、
そこで必要になってくるのは自律神経の安定です。
自律神経の中に『交感神経』と『副交感神経』の種類に分けられます。

身体が緊張や興奮状態になると身体の血管は縮小し、交感神経が優位になります。
この交感神経が常に優位に立つと身体の疲れが取れにくい、興奮して寝つきが悪くなる、血圧が高く、身体が硬くなるなど、様々な症状が現れ
スポーツ選手にとってあまりいいものではありません。

試合中など最適なパフォーマンスをするためには、交感神経と副交感神経のバランスが必要になってきます。
このバランスを取るために、高濃度炭酸泉が役に立つのです。

高濃度炭酸泉に入浴すると、自分ではコントロールができない血流や血圧に働きかけます。
そして副交感神経が優位になり、リラックス状態になります。
炭酸泉が自律神経への影響を調べた研究では、唾液から交感神経が興奮すると増える唾液中のアミラーゼという物質が炭酸泉により減少したという結果が確認されています。

こうした結果から、炭酸泉に入浴するとしっかりと休息をとることができるようになり、生活にメリハリを付けることができるのです。

また自律神経の機能が向上されるのでメンタル面での強さにも関わってきます。

実際にスポーツ施設や、大学、オリンピックなどに炭酸泉は活用されています。

緊張し皮膚血管収縮させ闘う場合の交感神経と、リラックスし、皮膚血管を広げ血流を増加させ、眠ったり食事をしたりする時に働く副交感神経の両方がバランスよく高いレベルで調整され、無意識に高い力を発揮することがスポーツ選手の重要なポイントになります。

参考・文献 〈足浴は動脈硬化進展を抑制させる?〉〈トップアスリート株式会社HP〉