健康を実感できる炭酸泉ケア

● 健康の期待できる効果効能

目次

血流の活性化 閉塞性動脈硬化症の緩和
高血圧症の改善
心臓病など循環器疾患の症状緩和

高濃度炭酸が血流を活発化

二酸化炭素量を血管に取り込むことで酸素を体内に取り込む動きが活発化し、血行が促進されます。
この作用が血管の拡張、老廃物排出に寄与し高血圧症の改善や心臓などの循環器系疾患の症状緩和、糖尿病で併発する閉塞性動脈硬化症の緩和などに効果が見られます。

体質改善 アトピー性皮膚炎など
皮膚疾患の改善
冷え性の改善

血管拡張作業が体を温める

アトピー性皮膚炎をはじめ冷え性などは低体温であることが原因の一つと考えられます。
高濃度炭酸が血管を拡張し血流の流れを活発化させることで、多くの熱も伝達され身体を温める作用もあると言われています。

痛みの緩和 筋肉痛・関節痛の軽減
神経痛・肩こり・腰痛の緩和

神経痛、関節痛を緩和

血液がアルカリ性になることで血液中の乳酸が減少し、筋肉痛や関節痛を軽減。
毛細血管の活動活発化で肩こり、腰痛を和らげ、神経痛やリウマチなどの疼痛も緩和します。

● 毎日実感できるから続く炭酸セルフケア

高濃度炭酸泉はヨーロッパで古くから「心臓の湯」として親しまれてきた歴史もあり、
“実感して頂けるセルフケア”と言われています。
炭酸泉は体感温度が2~3度高く感じるため38~39度くらいが適正な温度と言われ、
心臓への負担も軽減されます。

フットバスや入浴で高濃度炭酸に浸かった箇所は血行が促進され、
さら湯と比較すると、赤い部分がくっきりとわかり血行が促進されて
いることが視覚的にも体感して頂けます。

その他、キメ細かな炭酸微粒子の泡や少しピリピリした感覚(※人により異なります)
など実感しながらバスタイムを満喫して頂けます。

炭酸泉に興味がある方、はこちらの記事も併せてご確認ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次