身体中カサカサでかゆい・・・炭酸泉で乾燥肌を改善!1⃣

 

空気が乾燥する冬はもちろん、季節問わず肌が乾燥してしまったり、

更に乾燥によって身体が痒くなりなかなか寝付けないことはありませんか?

 

炭酸泉は保温効果はもちろん、保湿効果も抜群なんです!

 

今回は、まず乾燥肌の原因について書いていきたいと思います。

 

 

目次

どうして肌は乾燥するのか

 

 

大きく分けて3つの原因があります。

 

入浴方法が間違っている

 

ダイエットや美肌の為に長時間、入浴していませんか?

長時間の入浴は、肌を守る役割の保湿に必要な皮脂までも流してしまう原因になります。

私たちの皮膚には天然保湿因子(NMF)と細胞間脂質という成分があります。

NMFは皮膚のターンオーバーの際に作られ、空気中や皮膚表面から水分を吸収し角質層に水分を保持します。

細胞間脂質は角質層の細胞と細胞の間に存在し、

細胞同士が離れて隙間から水分が蒸発しないようにつなぎ合わせます。

 

この二つの成分は肌の保湿に特に大切なものになってきます。

しかし、NMFは水分に溶けやすい性質を持っており、長時間の入浴はNG。

入浴時間は10分~15分までと決めて入浴しましょう。

またお湯の温度も重要です。42℃以上のお湯に浸かると入浴時間と関係なくNMF、細胞間脂質を奪ってしまいます。

お湯の温度は35℃~39℃の温度にしましょう。

 

過度なケアをしている

 

【美容のために】と、過度なケアはしていませんか?

角質を取るピーリング、強い力でのマッサージなど

正しい方法を知らずに行うと皮膚を傷めてしまう原因になります。

傷んだ皮膚は水分を蒸発しやすくなりますので乾燥が進むばかり。

身体の汚れや汗はお湯で流すだけでも充分落とすことができるので、タオルやスポンジで身体を擦り洗いしたり、必要な皮脂まで取り除いてしまいボディーソープもなるべく控えたほうがよいでしょう。

身体は手のひらで優しく洗い流し、ボディーソープの使用は週2回など回数を減すなど、なるべく皮膚に負担をかけないことが大切です。

 

 

肌のバリア機能が低下している。

 

 

日々の生活習慣が乱れていると身体の中だけでなく肌にも影響がでてきます。

身体の免疫が低下していると肌にもともと備わっているバリア機能が落ち、外部からの刺激に弱くなることで乾燥などの肌トラブルを起こしやすくなります。

 

 

 

次回は炭酸泉が何故乾燥肌に効果があるのかを書いていきたいと思います。

炭酸泉に興味がある方、はこちらの記事も併せてご確認ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次