ペットにおける炭酸泉シャワー効果 柴犬【皮膚発赤・体臭・身体のかゆみ・湿性脂漏症・被毛失沢】

ペット

犬種 柴犬
歳齢 12歳
主訴 腹鼠径、頚腹部の脱毛と発赤・体臭・身体のかゆみ・湿性脂漏症・被毛失沢
抗生剤、ステロイド剤、シクロキャップの内服
4回の炭酸泉シャワー、薬浴の実施

週1回の頻度で炭酸泉シャワーを実施。
時間は10分間、温度は35℃

結果

4回目のシャワー・・・脱毛の改善、体臭の改善、かゆみの改善、発赤の改善、被毛失沢の改善

アトピーと食事性の両方を持つ皮膚炎の症例。炭酸泉シャワー、薬浴によりすべての面での改善が認められた。

施術前

 

施術後